ページトップ

商品情報

PRODUCTS

乳酸卵殻

乳酸卵殻

約3,000個分乳酸菌処理

国内有数の茹で卵加工場では、少々キズのある茹で卵が、日量3~5tも廃棄される運命にあります。その日に製造したこの茹で卵に卵殻を混合しカルシウムの溶出をよくする為に、乳酸菌処理を行い、低温真空乾燥機で乾燥させたものが乳酸卵殻です。


■特徴と効果

●乳酸菌処理により卵独自の臭いを軽減すると同時に主成分であるカルシウムの一部を植物が吸収しやすい形(乳酸カルシウム)に変化させてあります。
●天然の微量要素・石灰分・動物性の蛋白質を含有し、播きやすく、溶けやすく土壌の酸性を改良し、微生物繁殖を旺盛にします。
●卵が吸収するための小さな気孔が多く、通気、通水により、速効的で持続的なカルシウムの肥効が期待できます。
●茹で卵の卵油成分が施用時の防散効果を発揮します。
●茹で卵に含まれる卵油が土壌微生物を増殖させ根圏を活性化します。

■卵殻資材の成分溶出試験(当社分析センター・当社比)

成分名 カルシウムmg/100g カリウムmg/100g 苦 土mg/100g
抽出液 純 水 NaCl クエン酸 純 水 NaCl クエン酸 純 水 NaCl クエン酸
10% 2% 10% 2% 10% 2%
乳酸卵殻 20.08 90.72 5,370.33 21.90 23.81 20.18 4.84 9.38 71.24
卵殻A 11.88 73.73 3,899.30 22.66 27.59 23.77 4.73 8.26 89.43
卵殻B 4.65 62.29 4,867.54 12.54 20.73 21.33 1.31 7.38 78.77

※サンプル量:2g/抽出液:20cc/30分振とう

■施肥方法

●作物の種類・土壌酸性度によっても異なりますが、10a当り3~10袋と幅広く使用できます。
●ほうれん草・ピーマン・白菜・キャベツ・トマト・レタス・大根・アスパラガス・キュウリ・モモ・ブドウ・茶・ミカンなどに施用できます。

■保証成分

アルカリ分
40.0%

■分析例

N(窒素) P(りん酸) K(加里)
1.0% 128.0mg/100g 38.7mg/100g
Mg(苦土) 粗タンパク質 ナトリウム
37.3mg/100g 6.25% 128.2mg/100g
p H
135.0mg/100g 8.1


内容量:20kg
形状:粉~片
梱包方法:ポリ袋
発売元:川合肥料(株)